介護職員小林 優希

介護職員 小林 優希

利用者さんの「ありがとう」を聞けるのは
最大の特権・ご褒美

ご自身の携わっているお仕事について教えて下さい。

日常業務は、日勤・夜勤・早番・遅番・入浴担当で分かれています。内容は少しずつ変わってきますが、基本的に食事介助や配茶・排泄介助・入浴・着替え・離床臥床介助・余暇活動等を利用者様1人1人のリズムやケアプランに沿いながら行います。業務を通して、利用者さんとお話ししたり、コミュニケーションをとることも、大切な時間・お仕事と言えます。他には機能訓練・褥瘡予防委員会、感染予防対策委員会に所属し、行事担当、外出支援活動等に携わり、上司・先輩に教わりながら会議や行事に参加して仕事を覚えているところです。

お仕事でやりがいを感じるときはどんな時ですか?

在り来たりですが、利用者さんの笑顔とありがとうの言葉ですね。これに限ります。現場で仕事をさせて頂いている以上、利用者さんの生の声「ありがとう」を聞けるのは最大の特権、ご褒美だと思っています。それ以上もそれ以下もありません。

上司や先輩から教わったことで勉強になったことってなんですか?

日々、色んな場面で勉強させてもらってます。私は未経験で入ったので、一から丁寧に全て教えて頂きました。独り立ちした今でも仕事をしながら、あの先輩がこう言っていたなーと思い出します。1番は、事故や急変した時の対応です。
ある程度仕事を覚えて、出来るようになってくると何も言われなくなります(笑)。わからないことは先輩に聞いてみたり、相談したり。細かい仕事はやっている人を見て覚えてますね。何が正解かわらなくなってきますが、上司・先輩の背中を見ていると、こうゆう事もするんだなーとか、こんな対応をするんですね!さすが!と毎日発見があります。

仕事をする上で大切にしていることはどんなことですか?

利用者さんの一瞬一瞬その時間を大切にすること。利用者さんが安心して過ごせる環境を作れるよう心掛ける事です。利用者さんの生活の場で働かせて頂いているので、何より環境や雰囲気作りが大切だと思っています。その為にも楽しく、明るく働きたいので、なるべくポジティブに物事を捉えるようにしています。職員間のコミュニケーションやチームワークも重要になりますから、どんな時でも自分だけが大変なわけではないですし、お互い様精神を持って日々淡々と、正しい事を真面目に行う姿勢を大切にしています。その積み重ねが、信頼や良い施設作りに繋がっていくと信じています。

どんな方と一緒に働きたいですか?新しく仲間になろうとする方に求めるものとは?

素直な方ですかね。物事を素直に受け止められる心は大切だと思います。私も心掛けています。
年上の方でも、年下の方でも、一生懸命お仕事に取り組もうとする姿勢と、素直に人の意見を聞ける、率直に自分の意見を言える方は素敵だなぁと感じます。このお仕事はチームワークが本当に大切です。なので色んな立場・目線があるので、いい意味での柔軟さは必要です。介護技術や知識も日々進化していくのでその点でいっても柔軟さというか、しなやかさを持っていることは、個人でも事業団全体でも求めるべきところではないかと私は思っています。何より利用者さんの気持ちを考えられるのが第一ですけどね。

今後挑戦してみたいこともしくは目指すことはどんなことですか?

このお仕事に就いて、やっとこ1年です。あっと言う間でしたが、まだ1年のひよっこです。まず目指すところは、ここの利用者さん・一緒に働いている方達に信頼され仕事を任せてもらえるようになる事です。もっとこうしたいな!と思ったら行動できるようになりたいので、それだけの知識や経験、信頼、行動力をつけていくことを目指します。後々は、地域全体での活動に参加したいですね。正直、具体的になんて考えていないですから、今は淡々と経験を積んでいく事に集中しています。真面目に取り組んでいれば、その内に目指すべきことやるべきことが見えてくると思っています。